にきびやシミなどの悩みは治療で解消する

「ピーリング」

肌の悩みでも、特にしみは改善が難しい症状として知られています。
化粧品で美白ケアをしていても、サプリメントを利用していても、
思ったような効果が出ずに悩まれている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

皮膚科に相談

より早く改善したい場合は皮膚科に相談してみるのも良いでしょう。
しみが改善されない原因のひとつには、肌のターンオーバーの
機能の低下があげられますが、ピーリングを行うと古い角質が
はがれやすくなり、よりしみも早く改善できる効果が期待できます。

 

ピーリングは特殊な薬剤を皮膚に塗布し古くなった角質を剥がして
肌の新陳代謝の機能をアップさせ、新しい肌を
再生することができる治療です。

病院で診察

古い角質を除去する「ピーリング」の言葉の由来

今話題の「ピーリング」というケア方法をみなさんはご存知ですか。


そんな今話題の「ピーリング(peeling)」というのは、
厚くなってしまった角質を化学物質を駆使することで
溶解・除去するケア方法の名称です。


そのケアを行う際に「化学的成分」の作用を活用することから
「ケミカルピーリング」とも呼ばれる存在です。


これにより厚くなってしまった角質が溜まったターンオーバーが
遅くなってしまった肌を正常化し、生き生きとした肌を
取り戻すことができる点がその最大の魅力です。


ちなみに、その名から想像できた方も多いかと思いますが
この名は英語の「Peel(peeling)」に由来しており、この言葉は
もともと「皮をむくこと」を意味することにちなんで
この名がつけられたと言われています。


特に、料理をする方なら一度は聞いたことがあるであろう
調理に使う皮むき器のこともお同様に「ピーラー」と呼ぶので
この名がしっくりくるという方も多いことでしょう。


ただし、皮膚に対して行うこのケア方法に関しては「剥く」というよりも
外側の肌を取り去る、というイメージの方が近いと言えます。


興味がある方はぜひ、その効果のほどを一度体感してみることをおすすめします。

肌質に不安があるなら皮膚科に相談を


より早く改善したい場合はこうした治療を
取り入れてみるのも良いでしょう。

 

ただし、ピーリングは肌のターンオーバーを
手助けするという形なので、自然な形ではなく
古い肌を落とし新しい肌が出てくる状態になります。


なので、敏感肌の人は特にパッチテストなどをしてから試す方がいいでしょう。
肌には負担がかかります。


肌の強い人でも、やりすぎは他のトラブルを引き起こしかねません。

ですから、特に肌の弱い人は市販のピーリングなどではなく、病院で
一度診察を受けてから処方してもらうのが良いでしょう。


その方が、肌の状態にも合せてもらえるので安心して使用できます。
病院のものでも、合う合わないがありますので、違和感があった場合は
相談しながら進めるかやめるかを判断するのが良いでしょう。

 

また、ピーリング後の肌は非常に敏感です。
ですので、ピーリング後のケアも非常に大切になってきます。
労わるように保湿してあげることが大切なのです。