にきびやシミなどの悩みは治療で解消する

「しみ治療」

顔にしみがあるだけで、老けてみえたりコンシーラーなどで
隠すのに苦労したりと、メイクアップにも時間がかかってしまいます。


皮膚科ではレーザーにより、しみの治療ができます。
レーザー光により、黒や青や茶などの色素を持った細胞を
選択的に取り除く安全性の高い治療方法として、施術時間も
短時間で終わり、今まで長年メイクで隠してきた
気になるしみが奇麗に取り除く事ができます。

気になるシミ

加齢や日光で出来てしまったり、そばかすなどが気になる方でも
皮膚科で行える治療方法で、簡単に治療が出来て
綺麗な美肌にもなり、お手入れもしやすくなります。

 

しみって放っておいても改善することはなく、悪化する一方です。
濃くなったり、増えたりとなかなか頭の痛い問題です。

大きく4つに分類!シミの種類と主な原因


多くの方を悩ます「シミ」には実は種類があります。
大きく分けると4つに分類することができますが、最も多くを占めるのが
「日光黒子(にっこうこくし)」です。


これは、シミと言って多くのひとがイメージをする「紫外線」を
原因としたもののため、顔を中心に背中や前腕、上背など
露出部に多くまた中年以降に急増するのが特徴です。


なお、シミのカギを握っている表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」と
表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」などから構成されています。


一方で「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれるシミは、遺伝性が強く
3歳ごろから現れ思春期に特に目立つようになるいわゆる「そばかす」のことです。


また、やけどやニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後に
生じる褐色となった部分も、「炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)」
と呼ばれるシミの一種です。


さらに、女性の顔に多く生じるシミとして「肝斑(かんはん)」と呼ばれるものがあります。


このシミの特徴は、妊娠や経口避妊薬の服用により生じたり悪化することが
知られているため、女性ホルモンとの関連性が強い存在と言われています。


なお、頬骨に沿って左右対称にできるのがその最大の特徴で、高齢者にはほとんどみられません。


また、レーザー治療で悪化すると言われている点には注意が必要です。

放っておかずに対策を考える


悪化する前に何らかの対処をする必要があるのです。
一度出来てしまうと自分では取れないシミは、最新の医療が
発達したクリニックなどで簡単に治療ができます。

 

最近の医療の進歩ってすごいです。
シミ治療したその日からでも化粧することができたり、昔は
できなかったことがどんどんできるようになっています。

医療の進歩
治療の時間も短縮されたり、費用も安くなったりと
随分手頃なものになってきているのが現状です。


興味のある方はネットでも検索して見るといいでしょう。
色んな人の体験談も読むことができます。