にきびやシミなどの悩みは治療で解消する

「医薬品」

若い頃は肌の新陳代謝も活発に行われていますので、
強い日差しを浴びたときも、美しい肌をすぐに取り戻すことが
できますが、年齢とともにターンオーバーの機能は落ち、
排出しきれなかったメラニンがしみとなって残ってしまう場合もあります。

 

そして、薄くしていくためには、自宅でのケアでは
美白美容液やクリームなどの化粧品でのお手入れや内側から
きれいにする効果が期待できるサプリメントなどが
利用されることもあります。


また、より早く改善を行いたい場合は医薬品の利用もおすすめです。

美容皮膚科などの医療機関では様々な治療が行われており、
しみを強力に漂白してくれるハイドロキノンの塗り薬や
女性に多い肝斑などには飲む薬のトラネキサム酸などが処方されています。

肌の色素沈着を抑える!ハイドロキノンの効果とメカニズムは?

一般的に美白効果があるといわれているビタミンCなどの美白成分は、
主にシミを予防することに効果を発揮しますが、ハイドロキノンは
できてしまったシミに働きかけることができる成分です。


簡単にメカニズムを説明しますと、紫外線などシミの原因となる外敵が
皮膚の表皮に当たることで、メラノサイト細胞がメラニン色素を作り始めます。


チロシナーゼ酵素がチロシンというアミノ酸を酸化させ、メラニン色素が発生するのです。


それが繰り返されることによって、色素が沈着していき、シミができていくことになります。
シミの製造元を断つというハイドロキノンの働きは、古くから写真の現像にも
使われていたこともある、強い漂白作用です。


一般的な美白成分に比べ、数十倍の効果をもたらすと言われています。
しかしその反面肌に与える負担も大きいのではないかという懸念も挙げられていることも事実です。

確かに、ハイドロキノンは濃度のとても濃い成分です。
ですから、少量でも効果をもたらすことができます。


大切なことは、大量に使ったり、シミ以外の肌に使用したりして、間違った使用方法を
しなければ、過剰な心配をする必要はないということです。


ハイドロキノンよりも、紫外線を大量に浴びることの方がよっぽど危険で怖いのではないでしょうか。

熟知している医師が最善の道を提案してくれる

症状によって合う薬は違いますので、まずは診察を受けてみると良いでしょう。

やっぱり医療機関でもらう薬の効果ってすごい。


ずっと直らなくて市販の薬やサプリなどで手を尽くしていたニキビも、
皮膚科で薬を処方してもらったら治りました。

医薬品
治癒度合いや薬の合う合わないは人それぞれではあると思うけれど。
案外、病院にまず行った方が安上がりで済んだなんていうこともあります。


美容系は保険の適用かどうかでも大きく変わるので、治療を受ける前にまず相談ですね。

特にシミに効く市販の美容クリームで、反対に白くなりすぎて
肌がまだらになってしまったなんてトラブル、一時期ありましたよね。


病院で処方してもらったクリームであれば、定期的に診察もするので、
そのようなトラブルになることもなく、安心して続けることができます。


ですから、とにかく一度、診察してもらうというのが肌のためには最善の方法です。

自分の肌に合わなかった時もすぐに相談に乗ってもらうことができるでしょう。

頼れる医師
やはり専門家ですから、原因を突き止め、それにしっかりと
アプローチする方法を選んでくれるでしょう。
そのため、悩みも長く引きずることもなく、気持ちも軽くなることでしょう。