住み替え * 売却価額 * 利用 * 先に購入 * 担保割れ * サイトマップ

banner

家を売り住み替えたい

banner

住宅を購入する際には多くの場合、長期間に渡って返済する住宅ローンを組んでいます。
しかし、家族構成の変化など諸般の事情によってローンを残しながらも
住み替えを行いたいというケースがあります。

そのような状態では前の家と新しい家のローンが二重になってしまう恐れもあるので
適切な処理を行っておく必要があります。

住み替えを行うということは基本的に家を売るということになります。
この家の売却額が非常に重要です。

売却額が住宅ローンの借り入れ残高よりも高ければ、ローンの完済を行いながら
住み替えを実行することができます。

その場合は引っ越した後は二重ローンにならないので安心です。
もちろん、売却額をローン返済に充てることで、新たな家の購入資金で
充てられる分が少なくなるしまうことには留意しておく必要があります。

問題は前の家を売却してもローンの完済に至らないケースです。
ローンが残っている住宅は当然ながら非常に売ることが難しいです。

もし、貯蓄でローン残高を払い切ることができるのであれば、特に問題はありません。

しかし、貯蓄でローン残高を払いきれない場合は家を売ることが困難であることと、
新規のローンを組みにくいことという2つの問題が発生します。

そこでお勧めなのが買い替えローンです。買い替えローンとは
住み替え物件の担保価値を超える水準まで融資することができるローンです。

これにより、前の家のローンと新しい家のローンを同時進行で
返済していくことが可能となります。

負担は大きくなるのでその点には注意が必要です。

Copyright(c) 家を売却して住み替える. All Rights Reserved.