住み替え * 売却価額 * 利用 * 先に購入 * 担保割れ * サイトマップ

banner

いま利用できる住宅ローン

banner

現在入居中の家を売る事に決めその住み替え用として新たな家を買う場合には、
まず現在の家の為借りた住宅ローンを返済する必要が有ります。

ここでの問題点は入居中の家を売る価格を確定しなおかつ
その価格で借りたローンが完済できるかと言う事です。

即ち抵当権を抹消するここが出来るかと言う事です。

完済可能であれば次のステップとして住み替え用家の話を進める事が出来
その為にローンを組む事になります。

然しながら実際には買い手と売り手の思惑があり、又不動産市場の
動向の変化もあり、高額の不動産取引が直ぐに成立する訳では有りません。

又売却を急ぐために値引きをした場合には、家を売る事が確定しても、
入金するお金でローンの返済が出来ない場合が有ります。

その場合は自己資金から補てんして返済を終わらせる必要が有ります。

それが出来ない場合にはいわゆるフリーローンの利用が可能です。
いずれにしても住宅ローンを返済し抵当権を抹消しない限りにはどうにもなりません。

最後の手段は買換えローンの選択です。
今のローンの残額も新しい家のローンもまとめて借り入れる方法があります。

勿論借り入れの為の審査もより厳しくなり、自分の収入との
相談になりますが、その様な方法も残っています。

場合によってはる自分の生活設計プランを見直する事も必要かも分かりません。
従って仲介して呉れる不動産業者と密に連絡を取りながら
タイムリーなアドバイスを貰い対応する必要が有ります。

Copyright(c) 家を売却して住み替える. All Rights Reserved.